有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

介護付きと住宅型の違いは?

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いは、

 

「特定施設入居者生活介護」(特定施設)の事業指定を
都道府県から受けているかどうかです

 

介護付きと表示するためには、この特定施設の指定を
受けなければなりません。

 

指定を受けていない有料老人ホームは、介護付きを
パンフレットで表示することはできないのです。

 

この点をしっかり知っておくこがも大切です。

 

介護付きは、「特定施設入居者生活介護」という
介護保険サービスを利用できるので、介護保険サービスは、
ホームの事業者と契約をします。

 

一方住宅型は、住宅の賃貸契約と介護保険サービスの契約が
別々になり、介護が必要になったら、外部の介護保険事業者から
介護保険サービスを受けることになります。

 

この2つの違いが基本的に異なる点ですので、契約時には
注意してください。

介護付きと住宅型の違いは?関連ページ

費用を比較する
介護付と住宅型のかかる費用を比較してみました。
入居条件を比較
介護付と住宅型の入居条件を比較してみました。
介護保険サービスを比較
介護付と住宅型の介護サービスを比較しました。
質や設備で比較
介護付と住宅型の質や設備を比較しました。