有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

質や設備で比較

介護付きと住宅型の居室の面積の比較をしてみると、

 

介護付きの主力が、15u〜25u程度であるのに対して、

 

住宅型は、18u〜25uであることから若干だが住宅型の方が広い。

 

ただ、豪華な施設では、介護付きで50u〜170u、住宅型ではさらに広く40u〜230uと
超豪華な物件もあります

 

 

食事などの生活支援サービスはどちらも付いていますが、
介護付きでは自炊のためのキッチンがついているものもあります

 

 

住宅型の場合も自炊のためのキッチンがついていて、元気な
時は自炊をすることができ、それができなくなったら
食事のサービスを受ける選択もできます

 

このようなサービスはあくまでも目安です。

 

スタッフの質や設備、サービスの内容などについては、
個々のホームや施設によってまったく異なっているので
パンフレットだけにたよらないで、自分の目で確かめる
ことが必要です。

 

 

施設長や経営者に直接会って、信条や考え方などを聞く機会が
あれば施設を見極める上で役に立つのではないでしょうか。

 

 

そのためにも、判断力や体力がある若い内に見学に行かれる
ことをおすすめします

質や設備で比較関連ページ

介護付きと住宅型の違いは?
介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの相違点を説明しています。
費用を比較する
介護付と住宅型のかかる費用を比較してみました。
入居条件を比較
介護付と住宅型の入居条件を比較してみました。
介護保険サービスを比較
介護付と住宅型の介護サービスを比較しました。