有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

費用を比較

サ高住と住宅型の費用を比較

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)と住宅型(有料老人ホーム)の費用を比較すると・・・

 

 

入居時に必要な費用は、サービス付き高齢者向け住宅の場合
入居一時金は不要な施設が多いが、入居時に敷金や契約手数料として、0円〜100万円程度必要としていることがほとんどです。

 

 

これに対して、住宅型有料老人ホームの場合、入居一時金は0円〜数億円かかるが施設によってその額には幅があります。

 

また、入居一時金ではなく家賃前納といている施設もあります。

 

 

毎月の費用についてはサービス付き高齢者向け住宅の場合、
一般的な目安としては約5万円〜25万円

 

 

どちらかというと、住宅型有料老人ホームの方が費用は高い傾向
にあるが、これも施設によって異なりその幅も大きい。

 

 

しかし、高住の方が入居一時金が要らないため、まとまったお金が
なくても入居しやすいし、高額な一時金が不要なので、気に入らなければ
退去して住み替えることができるメリットもある。

 

 

 

 

サ高住と住宅型の入居条件を比較

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と住宅型有料老人ホーム’住宅型)
入居条件の違いは・・・

 

 

サ高住は入居時に自立していることが条件の施設が多いが
一部例外もあり、要支援や要介護の人も受け入れてくれるようです

 

 

一方、住宅型は、入居時に自立していることが条件のところがほとんどです

 

ただし、施設によって独自の条件を設けているところもあります。

 

住宅型も要介護の認定を受けていても入居出来る施設もありますので
施設ごとに確認する必要があります。

費用と入居条件を比較関連ページ

サービス付高齢者向け住宅と住宅型の違い
サービス付高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームの相違点を説明しています。
提供するサービスを比較
サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームの提供するサービスの違いを紹介しています。