有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

入居費用でお困りの方必見!入居可能な施設はどこ?

介護老人保険施設

介護老人介保険施設とは

介護老人保険施設とは

 

入院の必要はないけど自宅での生活に支障がある要介護1
以上(介護保険が適用される方)の人が対象で、24時間
365日運営されている入所型の施設です

 

 

自宅に戻るまでの間、介護や看護、リハビリなどを中心とした医療サービスを受けることができます。

 

施設には、看護師、介護職員に加え、医師、理学療法士、リハビリテーションに特化した職種も配置しています。

 

 

介護老人保険施設のことを略して「ろうけん」と呼ぶこともあります。

 

 

この施設はあくまで在宅復帰を目的としていますので、3ヶ月ごとにケアプランを
作成し、元の生活に戻るために必要な身体状況、家庭環境などを考慮した上で、
退所後に生活に支障をきたさないようにサポートをします。

 

 

入居の要件は65歳以上で常時介護が必要かつ自宅での生活が難しい人が対象ですが、
特別養護老人ホームのように終身にわたって生活するための援助はしません。

 

在宅復帰が目的なので、在宅に戻って生活するために必要なリハビリを行うところが
介護老人保険施設です。

 

 

入居時の一時金は不要で、月額費用は約6万円〜16万円が目安になっています

 

月々の費用は、介護保険適用施設であるため介護サービス費用の1割負担になります。
その他に、食事代、居住費、その他の利用料がありますが、これらは全額自己負担になります。

 

 

ただし、これらの費用は世帯の所得に応じて4段階に区分されており、
介護保険負担限度額の認定をされると減免制度を受けられる場合があります。

 

 

施設などを利用する時の食事代や部屋代については、2005年10月から
特別養護老人ホームなどの施設を利用した時の食事代や部屋代(ショートステイも含む)は
利用者の負担になりました。

 

食事や部屋代の具体的な金額は施設によって異なりますが、収入の低い方の食事代や
部屋代は軽減されます。

 

介護保険負担限度額の認定の制度を利用する場合は、窓口となっている各市町村に
申請することが必要です。

 

その区分は下記の一覧表をご覧ください。

 

利用者負担区分

区分 所得の状況(対象者)
第1段階

・市民税非課税世帯で老齢福祉年金を受給されている方
・生活保護を受給されている方

第2段階 市民税非課税世帯の方で合計所得金額と公的年金等収入額の合計が年間80万円以下の方
第3段階

・市民税非課税の方で第2段階以下の方
・市民税課税層における特例減額措置が適用となる方

第4段階 市民税課税世帯の方

*利用者負担第4段階の方は、食費や部屋代の負担は軽減されませんが、
 高齢夫婦世帯などにおいて、夫婦どちらかの方が施設に入所(ショートステイを除く)
 して食費や部屋代を負担した結果、在宅で生活している配偶者などが生計困難にならないよう、
 一定の要件を満たす方には、利用者負担区分を第3段階相当にする特例措置が講じられます。
(この措置を受けるには、手続きが必要ですので、お住まいの市区町村保険年金課に
 ご相談ください。)

 

 

用語解説

ショートステイとは・・・
短期入所療養介護と呼ばれている、在宅で生活している方が利用できるサービスです。

 

介護をする家族が急な用事で遠方へでかけないといけなくなったり、旅行に行ったりする時などに、2泊3日とか、1周間とかの期間を設定し、その間施設に泊まって生活をすることをショートステイといいます。

 

対象者は介護保険を有する要支援1の人から要介護5の人までです。

 

そのうち要支援1,要支援2に該当する人は、「介護予防短期入所療養介護という名称のサービスを受けることになります。

 

デイサービスとは・・・
施設から自宅に迎えに行き、食事や入浴、介護予防プログラム、レクリエーションなどを行い、夕方に自宅に送り届けるといった日帰りサービスの通所介護のことです。

 

対象になるのは、要支援1〜要介護5までの人ですが、要支援1.要支援2の人は、「介護予防通所介護」という名称のサービスになります。

 

在宅介護をする家族にとっては、ショートステイやデイサービスを利用することで
介護の負担が軽減されるので、介護認定を受けている方なら利用することをおすすめします。

専門家に相談してみよう!介護のいろいろお答えします!

介護老人保険施設関連ページ

介護付き有料老人ホーム
介護付有料老人ホームの特徴を紹介しています。
住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームの特徴を紹介しています。
健康型有料老人ホーム
健康型有料老人ホームの特徴を紹介しています。
サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅の特徴を紹介しています。
特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームの特徴を紹介しています。
介護療養型老人保険施設
介護療養型老人保険施設の特徴を紹介しています。
認知症高齢者グループホーム
認知症高齢者グループホームの特徴を紹介しています。
養護老人ホーム
養護老人ホームの特徴を紹介しています。
軽費老人ホームA型
軽費老人ホームA型の特徴を紹介しています。
軽費老人ホームB型
軽費老人ホームB型の特徴を紹介しています。
ケアハウス
ケアハウスの特徴を紹介しています。