有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

介護療養型老人保険施設

介護療養型保険施設介護療養型老人保険施設(療養病床)とは

 

 

介護保険の医療サービスに重点をおいた施設のひとつで、療養病床と老人性痴呆症疾患療養病棟の2種類あります

 

 

入居対象は、病状が安定期にあるが長期間療養が必要な要介護1以上の人になります。

 

 

老人性認知症疾患療養病棟は、認知症を患っている人の精神的・身体的な療養を目的とした施設です。

 

 

入居費用の一時金は不要です。
月額費用は、家賃・食費・水道光熱費に加えて日常生活にかかる費用も含まれます。

 

月額利用料は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入、課税状況、個室か相部屋かによって
異なりますが、約7万円〜17万円位が目安です

 

 

医療不負担が大きいため、特別養護老人ホームや老人保険施設に比べると
月額利用料が高くなる傾向にあります

 

 

 

介護や看護については、医療ケアを行う看護師や理学療法士、栄養管理士などの
専門のスタッフによる生活のサポートを行います

 

 

痰の吸引や胃ろう(胃に穴を開けて栄養や水分を送り込む方法)、鼻チューブによる
栄養供与、酸素吸入といった高度な医療が必要な高齢者が多く利用しているので、
医療ケアは万全の体制が敷かれています。

 

 

介護療養型老人保険施設は、2018年10月に廃止予定の介護療養型医療施設の
受け皿として、2008年にスタートしました。

 

 

管轄は厚生労働省、事業主体は、地方自治体や医療法人です。

介護療養型老人保険施設関連ページ

介護付き有料老人ホーム
介護付有料老人ホームの特徴を紹介しています。
住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームの特徴を紹介しています。
健康型有料老人ホーム
健康型有料老人ホームの特徴を紹介しています。
サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅の特徴を紹介しています。
特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームの特徴を紹介しています。
介護老人保険施設
介護老人保険施設の特徴を紹介しています。
認知症高齢者グループホーム
認知症高齢者グループホームの特徴を紹介しています。
養護老人ホーム
養護老人ホームの特徴を紹介しています。
軽費老人ホームA型
軽費老人ホームA型の特徴を紹介しています。
軽費老人ホームB型
軽費老人ホームB型の特徴を紹介しています。
ケアハウス
ケアハウスの特徴を紹介しています。