有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

ケアハウス

ケアハウス

ケアハウスとは
身体障害や身体機能の低下などで自立して生活すつことに不安があり、家族の援助を受けることが困難な人が入居対象となる老人福祉施設です

 

 

入居条件は、

  • 60歳以上(夫婦の場合はどちらかが60歳以上)である。
  • 独立して生活するには不安がある。
  • 身寄りがないか家族との同居が困難な。
  • 伝染病などの疾患がなく、共同生活に適応出来る人。

 

 

軽費老人ホームAと同様に、食事サービスはついています
 
入居条件は、身の回りのこと(入浴・トイレ・洗濯など)は、自分できる人が対象となります。

 

入居条件は原則介護の必要がない人ですが、もし介護が必要になってもそのまま介護サービスを入居したまま受けることができるので、大変助かります。

 

 

特定施設の指定を受けたケアハウスの場合、介護は必要になった時、
介護サービスを受けることができます。

 

 

ただし、医療看護ケアについては最低限のことしか行われないので、
高度な治療が必要な高齢者はまず受け入れてもらえまません。

 

 

入居費用は、一時金が0円〜数百万円。
月額費用は、約7万円〜15万円と若干高めになっています

 

 

軽費老人ホームA型、B型、ケアハウスとものそれぞれの施設や市町村によって
所得制限や利用料は異なっています
ですので、利用料は事前に各施設にお問合せいたくとが必要です。

 

 

ケアハウスの施設は年々増加傾向にありますが、軽費ホームA型、軽費ホームB型は
平成2年以降は新設されておらず、減少しています。

ケアハウス関連ページ

介護付き有料老人ホーム
介護付有料老人ホームの特徴を紹介しています。
住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームの特徴を紹介しています。
健康型有料老人ホーム
健康型有料老人ホームの特徴を紹介しています。
サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅の特徴を紹介しています。
特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームの特徴を紹介しています。
介護老人保険施設
介護老人保険施設の特徴を紹介しています。
介護療養型老人保険施設
介護療養型老人保険施設の特徴を紹介しています。
認知症高齢者グループホーム
認知症高齢者グループホームの特徴を紹介しています。
養護老人ホーム
養護老人ホームの特徴を紹介しています。
軽費老人ホームA型
軽費老人ホームA型の特徴を紹介しています。
軽費老人ホームB型
軽費老人ホームB型の特徴を紹介しています。