有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

入居費用でお困りの方必見!入居可能な施設はどこ?

費用・料金体系をチェック

入居一時金とは、入居時に一括して払う前家賃のことです
入居一時金は、安いところで数十万円、高いところで数億円かかります。

 

 

初期償却率と償却期間は適正かチェック

費用・料金体系をチェック

 

入居した時点で初期償却といって、入居一時金の15%〜30%が償却されます

 

要介護で入居する場合は、入居一時金は自立の人と比べると、初期償却率は高くなりますが、

 

30%以内であれば合格。
償却期間は、5年〜7年だと合格。
自立入居の場合は、初期償却率は15%以内償却期間は10年以上が合格

 

倒産した時の保全措置はあるかチェック

 

平成18年4月以降に開設されたホームに関しては、倒産した場合に
入居一時金に対する保全措置が義務づけられています

 

 

クーリングオフは守られているかチェック

 

入居後にどうしても納得にいかないとこがあったり、気に入らなかったりした場合は、
「90日以内であれば契約を解除できる」という入居者の権利が守られています

 

入居一時金は、滞在日数分の家賃や食費などは差し引かれるものの、ほぼ全額戻っています。

 

このことを明記していない業者はよくありませんので、注意しましょう。

 

 

介護上乗せ費用をチェック

 

 

介護上乗せ費用とは、介護保険給付基準を上回る人員体制2.5:1(2:1)(1.5:1)

 

 

看護職員を24時間配置するなど、介護保険給付による収入ではカバーできない
手厚い人員体制をとっているホームが利用者に対して請求する費用のことです

 

 

介護上乗せ費用は、ホームによって、一時金で支払うタイプと毎月払うタイプがあります。
金額がくらになるかはホームによって異なりますので、確認することが必要です。

 

 

また、介護保険を利用した場合は、上乗せ費用と別途1割の自己負担金がかかりますので、
ご注意ください。

 

 

介護保険給付対象の自己負担金については、ホームによって利用した分だけ徴収するところと
介護度により月額負担額を決めているところがあります

 

 

月額利用料に含まれない生活費用をチェック

 

月額利用料に含まれるものには、管理費・食費・水道光熱費などがあります。

 

 

月額費用に含まれないものには介護保険の自己負担分、介護上乗せ費用、電話FAX代、
お酒などの嗜好品費、病院までの送迎、外食代、買い物代行、アクティビティにかかる材料費、
美容院代などの個別サービスにはそれぞれ料金がかかります。

 

 

また、介護が必要な人の場合は、おむつなどの介護用品費も入居者負担となります。

 

 

返還金をチェック

 

 

入居したけど思ったようなサービスが受けられなくて気に入らなくて退去した場合、
償却期間内であれば、返還金としてお金が戻ります

 

初期償却率が低く、償却期間が長い方がお得です。

 

早期自主退去の際、いくら位の返還金があるのか
90日後、3年後、5年後はどうなるかなど
また、入院退去、強制退去の場合どうなるのかなど
事前に調べておいた方がいいでしょう。

 

契約書で必ず確認することも忘れないようにしましょう。

専門家に相談してみよう!介護のいろいろお答えします!

費用・料金体系をチェック関連ページ

事業者情報をチェック
事業者情報のチェックポイントを紹介しています。
建物の住み心地をチェック
建物の住み心地のチェックポイントを紹介しています。
施設の最高責任者とスタッフをチェック
施設長とそのスタッフのチェックポイントを紹介しています。
入居者をチェック
入居者のチェックポイントを紹介しています。
食事をチェック
食事のチェックポイントを紹介しています。
健康管理をチェック
健康管理のチェックポイントを紹介しています。
介護サービスをチェック
介護サービスのチェックポイントを紹介しています。
居住地の利便性をチェック
居住地に利便性のチェックポイントを紹介しています。