有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

居住地の利便性をチェック

住む環境が変わってもこれまでと同じような生活ができるかどうかは、
自分らしい人生を過ごすために有料老人ホームを選ぶ必要があります。

 

立地条件をチェック

スーパー

 

  • 最寄りの駅はどこで歩いて何分位かかるのか
  • シャトルバスの運行はあるのか
  • 近くにスーパーやコンビニはあるのか
  • お店や銀行、病院、美容室はどの位のところにあるのか

 

生活するための利便性はどうなのかをチェックします。

 

 

共有施設の娯楽室をチェック

 

共有スペースは、家で言えばリビングルームのようなものです
これまでの自分の趣味(カラオケ・囲碁・将棋・映画鑑賞・読書など)を楽しむための
共有施設が娯楽室です。

カラオケ

 

  • 共有スペースでどのような種類の趣味が楽しめるのか
  • 雰囲気はどうなのか
  • 年中行事やクラブ活動、アクティビティの中で参加できる催しはあるのか

 

娯楽の多様性と選択肢の多さをチェックしましょう

 

 

高級なホームには映画鑑賞ルームやカラオケルームなどが設けられているところもありますが、施設の高級度に比例して入居費は高額になります。

 

 

生活支援施設をチェック

日用品を売っている売店が施設内にあると何かと便利です
ティシューやトイレットペーパー、シャンプーや石鹸などの消耗品が買える売店
あれば、わざわざスーパーまで買いに行ったり、買い物代行を頼まなくてもすみます。

病院

 

また、ホームのよっては、1帖ほどのトランクルームを備えつけているので、スーツケースやゴルフバックなどを入れておくとこができるます。

 

こういった設備が整っているとうれしいですよね。

 

居室をチェック

居室の広さは、自立用であれば、30u〜80u位と結構広いです
自分のイメージした部屋になっているかをチェックします

居室の利便性

 

  • 収納スペースはあるか
  • エアコンや床暖房はあるか
  • 防音はしっかりされているか
  • 家具を置くスペースはあるか
  • トイレは使い勝手がいいか
  • 手すりの位置はどうか
  • 窓からの眺望はどうか
  • ミニキッチンはついているか

 

1日の大半を過ごす居室の仕様がどのようになっているかをチェックしましょう。

 

 

ゲストルームの有無をチェック

入居者の家族や友人が訪ねてきてくれた時に、ゲストルームがあれば、
宿泊することもできますので、ゆっくりと過ごすことができます。

 

事前に予約すれば、食事の用意もしてもらえるホームもありますので、
チェックしておきましょう。

居住地の利便性をチェック関連ページ

事業者情報をチェック
事業者情報のチェックポイントを紹介しています。
建物の住み心地をチェック
建物の住み心地のチェックポイントを紹介しています。
施設の最高責任者とスタッフをチェック
施設長とそのスタッフのチェックポイントを紹介しています。
費用・料金体系をチェック
費用・料金体系のチェックポイントを紹介しています。
入居者をチェック
入居者のチェックポイントを紹介しています。
食事をチェック
食事のチェックポイントを紹介しています。
健康管理をチェック
健康管理のチェックポイントを紹介しています。
介護サービスをチェック
介護サービスのチェックポイントを紹介しています。