有料老人ホームの費用相場と失敗しない選び方

介護保険の使い方

介護保険料を支払っている65歳以上の方は、市区町村で「要支援・要介護認定」を
受ければ介護保険を利用できます。

 

有料老人ホームに入居している方の場合でも同様に利用できます。

介護保険の使い方

 

ただし、有料老人ホームで3つのタイプ「介護付き」「住宅型」「健康型」の内、「健康型」は原則自立の人だけが入居できるので、介護状態になった場合退去しなければいけません。

 

ですので、介護保険サービスを受けるには、「介護付き」「住宅型」の有料老人ホームでないと受けられません。

 

 

住宅型は、原則として食事や生活支援サービスを受けることができるホームです。

 

介護状態になってもそのまま居室に住み続けることができますが、自宅に住んでいて
介護を受ける人と同様に、外部の介護サービスを利用する形になります。

 

 

介護付きは、ホームでの生活の流れの中で食事・入浴・排泄などの介護を
24時間体制で受けることができるのが最大のメリットです。

 

 

 

ホームで安心して暮らすためには、ご自身がどのような介護を受けたいかが
選択するポイントになります。

 

 

居宅サービスには、訪問介護や通所介護などさまざまなメニューがありますが、
その中から必要なものを選んで事業者と契約を結んで介護サービスを受けます。

 

 

ただ、あまりいろいろな介護や介助サービスを利用すると、介護保険の支給限度額を
オーバーしてしまうので、必要最小限にとどめておくように注意しましょう

 

 

居室サービスの主なものは、以下のようなサービスです。

 

主な居宅サービス

高齢者ホーム入居までの流れ

介護保険の使い方関連ページ

介護保険のしくみ
介護保険のしくみをわかりやすく解説しています。
要支援・要介護認定の目安
有料老人ホーム の入居金と月額費用を比較して、かかる費用から選ぶポイントやホームへの入 居までの流れを わかりやすくまとめました。 失敗しない ホーム選びの一助となれば幸いです。